スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ford Fiesta 1.0 EcoBoost/フォード フィエスタ 1.0 エコブースト、日本発売。

昨年度も欧州市場で好調なセールス(スモールカートップ、車種別でゴルフに次ぐ2位)を記録している「Ford Fiesta/フォード フィエスタ」が1/9、待望の日本発売となりました。価格は税込229万円。

Ford Fiesta 1.0T EcoBoost

5ドアHBボディに、インターナショナルエンジンオブザイヤー2012、2013の2年連続受賞で定評のある1.0 EcoBoost/エコブースト(100ps/170Nm)エンジンを搭載。ミッションも昨年後半から欧州市場でも導入され始めた待望のデュアルクラッチ、6速 Power-Shift/パワーシフト。日本仕様はケルン工場製を導入、というのも朗報です。

続きを読む

【気になるクルマ】 フォード フィエスタ ST-2 Mk7 / Ford Fiesta ST-2 Mk7

ジュネーブショーを控え、欧州メーカー各社の動きが活発になってきましたが、これまで発表・発売された気になるクルマ、今後発売予定の気になるクルマをご紹介していこうと思います。

最初の1台は、ケルン工場での生産開始が伝えられた「新型 フォード フィエスタ ST」。

Ford Fiesta ST-2 Mk7

続きを読む

Fiesta S1600、フルエキゾーストシステム組込み。

1.6L自然吸気のパワーユニットに軽量ボディという、使いきれる楽しさが魅力のスポーツモデル、「Fiesta(フィエスタ) S1600」に、その魅力をさらに引き出す、パワーアップアイテムとフルエキゾーストパーツを組込んでみました。

Fiesta S1600対応のエキゾーストシステム一式

ノーマルでも、低速域からのトルク感に加え、中高回転域での吹けあがりやパワー感もある、特性の良いエンジンですが、今回は、さらなるパワー、トルク、レスポンス、回転フィールの向上と外観の迫力アップが目的です。

続きを読む

「CITROEN DS3 Racing」と「Ford Fiesta S1600」が到着しました。

以前CITROEN vs FORD ? in YM WORKSでご紹介した2つのイグニションキーの本体ともいえる、「DS3 Racing」と「Fiesta S1600」が大阪港に陸揚げされました。2台とも、まだ他では日本に到着したという情報は目にしませんので、初上陸ではないでしょうか。

ds3r_fiestas16001.jpg

続きを読む

タグ: FORD  Fiesta  フォード  フィエスタ  CITROEN  DS3  Racing  シトロエン  DS3レーシング 

FORD Fiesta S1600 134ps。UK限定500台のライトウェイトスポーツモデル、近日入荷!

2011 Ford Fiesta S1600 Performance blue

2010年、UK限定650台で発売され、好評を博したFORD Fiesta S1600(MK7)が、2011年もUK限定500台で発売されています。外観はエアロキットに2本のストライプが配されたレーシングフォード車の伝統的なスタイル。2011モデルは付随する「134ps」のネーミングが示すように、エンジンのパワーアップが図られているところがポイントです。

続きを読む

タグ: FORD  Fiesta  S1600  フォード  フィエスタ 

EUROPE FORDのレアモデルもご相談ください

震災復旧活動も徐々に始まっているようですし、自粛ばかりでは何の活性化も望めませんので、弊社としても、お客様のリクエストにお応えできるサービスや情報、話題のご提供を再開していきたいと思います。

先日、ワイエムワークスに、とあるお客様からお問い合わせのメールをいただきました。「気になっているクルマがあるのですが、このようなモデルを日本へ入れることはできませんか?」というご相談です。

そのモデルとは「FORD Racing Puma」。ヨーロッパフォードで生産されていたスモールクーペの「Puma」(プーマ)をベースに500台のみ製造された限定レアモデルです。

FORD Racing Puma

続きを読む

FORD Fiesta チューニング進行中!

ワイエムワークスでは、FORD車へチューニングとしてPUMA SPEED製品の販売・組付を取り扱っています。

今回、入庫した車両は「FORD Fiesta(フィエスタ)ST150」。最近では珍しくなった5ナンバークラスコンパクトボディに、150PSの2L NAエンジンを搭載するホットモデル。

現在、NAならではのフィーリングでモアパワーを得るべくPUMA SPEEDの190PSキットを組付け中です。

整備中のカバーに覆われていますが、実はFiesta ST150です。

気になるキット内容は、エキゾーストシステム(エキマニ、スポーツキャタライザー、センターパイプ、エンドマフラー)による排気系の抜けを確保した上で、ダイレクトタイプのエアインダクションでフレッシュエアの増量を図ります。エンジン本体にはハイリフトのカムを組み込み、カムプロフィールに合わせたECUチューンで燃料調整を最適化します。自然吸気モデルのチューニングには全体のバランスが欠かせないところです。

分解中のM/Tミッション クラッチがむき出しです。(右手の配管は等長エキゾーストマニホールド)

また、190PSキットには含まれていませんが、今回のモディファイ内容ではLSD(リミテッドスリップデフ)も組み込みます。

メンテナンスコストが優しく扱いやすいトルセンタイプで、FOCUS RS MK2にも搭載されている物と同構造ですので信頼性の面で安心です。

「LSDといえばプレートタイプ」をモータースポーツに精通された方はご支持をされるかと思います。ただ、油脂類の頻繁な交換、オーバーホールなどで費用がかさむ等の点を踏まえ、弊社としてはトルセンタイプを推薦いたしております。

排気系後部(エンドサイレンサー・センターパイプ) 排気系前部(等長エキゾーストマニホールド・スポーツキャタライザー)

昨今自然吸気でホットハッチという存在が杞憂になりつつある中の希少なモデル「Fiesta ST150」をよりスパイシーにするチューニングは如何でしょうか。

タグ:   YMWORKS  ワイエムワークス  FORD  フォード  Fiesta  フィエスタ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。