スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PEUGEOT 106S16再生計画 第二弾、全塗装開始しました。

ワイエムワークスで保有する2台の「PEUGEOT 106S16」のうち、中古車で販売しなかった個体の再生作業が始まりました。今回のキモは、各外装パーツ(各ウィンドウ脱着)とエンジンの補器類(エンジン本体は降ろしていません)を外した状態での全塗装です。

PEUGEOT 106S16 全塗装

まず、フロント部の外装パーツ類を外すと、想像以上に汚れているのがお分かりになると思います。一見、キレイに見えた外装も色艶、特に彩度の低下による退色はかなり進んでいることがわかります。


PEUGEOT 106S16 全塗装 PEUGEOT 106S16 全塗装

エンジン、ミッションのオーバーホールが前提なら、エンジンそのものの積み下ろしも視野に入ってきますが、今回はヘッド部のMAX FLOW加工に留めるので、補機類のみの取り外しにしています。この辺は仕上がりへの拘りとコストとのバランスをとりつつ、今後も調整を進めていきたいと考えています。

PEUGEOT 106S16 全塗装

外装パーツと各ウィンドウを外しての塗装は、ワイエムワークスとしての拘りの部分。仕上がりに差が出る部分は極力、妥協なしの手法で。もちろん、お客様のご要望があれば、ご予算に合わせて先の「フルレストア車」のような作業を行うことも可能です。

PEUGEOT 106S16 全塗装 PEUGEOT 106S16 全塗装

塗装作業自体はエア管理と高温焼き付けが可能なブースを使用、今回のサンダンスイエローのような色は本来の色味を出すのに手間と塗料を要しますが、満足のいく仕上がりになったと思います。

PEUGEOT 106S16 全塗装

この車両の作業内容はこれからのものを含め、以下のものを実施・予定しています。最終的には160-170万円程度(車両本体価格、6ヶ月保証付)で販売したいと思います。

外装関連
・車体・各部の全塗装(各ウィンドウ脱着)
・エンジンルーム内再塗装(エンジンは降ろしませんが、補機類は外しています)
・各モールディングの交換
・ワイパーアーム、ブレードの交換
・ホイール再塗装(OZ Superturismo ホワイト14インチ、絶版モデル)

内装関連
・ステアリング革巻き再施工
・フロントシート交換(sparco R100に換装)

○内装関連オプション
・純正シート張替(ブラックxグレーアルカンタラ)
・純正フロアカーペット交換
・純正ダッシュボード交換
・ロールケージ組込(車検対応、2名定員)

駆動系関連
・クラッチ一式セット交換

○駆動系関連オプション
・軽量フライホイール組込
・LSD組込
・ミッションOH
・クロスミッション組込

エンジン関連
・マックスフローヘッド加工+Superchips ECU 150ps仕様
・タイミングベルト・テンショナー・ウォーターポンプ交換
・エンジンオイル・ミッションオイル交換
・ラジエーター本体、シリコンラジエーターホース、クーラント交換
・オルタネーター交換
・ヒーターホース交換
・カムカバー塗装
・エアコン関連補機類、配管交換

○エンジン関連オプション
・鍛造ハイコンプピストン組込
・鍛造コンロッド組込

ブレーキ・足回り関連
・前後ローター(ドリルド)+パッド交換
・ブレーキフルード交換
・タイヤ4本新品交換
・純正タイプショックアブソーバー交換

○ブレーキ・足回り関連オプション
・スポーツサスペンション装着(銘柄等は応相談)
・14インチ軽量アルミホイール

なお、これらの作業は「今、お乗りの車両」や「流通している中古車」に対しても施工可能です。想定している車齢は13-14年、走行7-8万km。コストは個体の状態にもよりますが100-120万円といったところでしょうか。定期的なメンテナンスを行っていけば、あと5-7年程度は気持ちよく乗れる「106S16」に仕上げます。中古車への施工をご希望の場合には、カラーをご指定いただければ、ベース車両もお探しいたします。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。