スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ford Fiesta 1.0L EcoBoost が大幅にパワーアップ!137BHP/238Nm!

先日、UKの老舗ECUチューナー、superchips社より新製品のリリース情報が届きました。内容は「Ford EcoBoost 1.0L 100ps版のECUアップグレード」のアナウンスです。

Ford Fiesta EcoBoost 1.0L Engine

1.0L EcoBoostエンジンには125psと100psの2バージョンがあり、ハイパワー指向の125psエンジンは対応製品が出ていましたが、より実用版の100psエンジンには未対応でした。この100psエンジンを搭載するFiesta日本仕様発売もあって非常に都合のよいタイミングです。


Fiesta EcoBoost 1.0 Superchip Power Curb

気になるスペックは137BHP/238Nm!過給が開始される1700rpmあたりからパワー・トルクが立ち上がるのはノーマルと同じながら、全域でスペックアップを実現、特に3000rpm以降の差は歴然です。(画像クリックでPDF版が見れます)

もともとポテンシャルのあるエンジンですが、これで2.0L級のパワーと2.4L級のトルクを獲得、1100kg台のウェイトのFiestaをスポーツモデル並みに走らせることが可能です。アクセルを踏む気持ちを抑えれば、燃費の伸びも期待できそうです。

施工は弊社で書き換えを行う「vSPIREタイプ」と専用機器を使ってお客様ご自身で書き換えを行う「Bluefinタイプ」の2種類をご提供する予定です。施工にはノーマルデータの吸い上げとアップグレードデータの書き込みの2工程があり、弊社で施工する場合にはUKとの交信が可能な午後5時以降にご来店いただくか、吸い上げ、書き込みの2回に分けてご来店いただく必要があります。

Ford Fiesta Milltek Sport System

なお、UK PUMASPEED社では先行して「125ps版 Fiesta ZETEC S」による「アップグレードキットの開発」が進められています。ターボ車に効果的なダウンパイプを含むエキゾーストシステム、インタークーラー等を商品化しており、トップグレードには「170psアップグレードキット」もあります。一部製品は100ps版への流用が可能と思われるので近々ご紹介予定です。興味のある方はご相談ください。

Superchips社 Fiesta 1.0EcoBoost ECU ROM 書き換え

弊社で施工「vSPIRE版」:¥95,000(5%税込)
お客様で施工「Bluefin版」:¥115,500(5%税込)


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。