スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ford Racing Puma / フォード レーシングプーマ、レストア作業続報。

Ford Racing Puma(フォード レーシングプーマ)のレストア作業の続報です。

Ford Racing Puma 塗装作業中

まず、エンジン、補機類を降ろしての下地処理・補修と再塗装。右下の黒いパーツはサブフレームです。エンジンルームだけを見れば、先の「106Rallye16Vフルレストア車」のようです。


Ford Racing Puma 塗装作業中 Ford Racing Puma 張り替えとクリーニング後のシート

アップにするとこんな感じです。いい感じに仕上がるでしょう。ちなみに、先日ご案内した「106S16中古車の再生計画」もこのぐらいの作業になる予定です。

次に、補修に出していたシートが作業を終了して届きました。特にアルカンターラを使用している座面は傷みやすいので、完全張り替え。他は状況に応じて補修とクリーニング。

Ford Racing Puma 張り替えとクリーニング後のシート

張り替えた座面はアルカンターラの質感が戻りました。

改めて組み込む新品パーツも多くが到着しています。もう少しでボディが帰ってきますので、各部・パーツのチェックの後、組み込み作業に入ります。

特にパーツはオーダー通りのものが一度で揃うことは珍しく、品番違い、不適合品に毎回泣かされていますが、根気よく進めていく予定です。

また、進展がありましたらご案内いたします。


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。