スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PEUGEOT 106S16再生計画、第二弾!より実用的なプランに。

今、YM WORKSには写真の「106S16」と、もう一台、もう少し程度の良い「106S16」の在庫があります。ともにサンダンスイエローの後期モデルで走行も8万km前後、内外装の状態も比較的良好で、そのまま中古車と販売しても、上物の個体です。

PEUGEOT 106S16

しかしながら、経年劣化は相応に進んでおり、できれば早いうちにキチンと手を入れたいところ。そこで、FBM2013でもご好評をいただいた「PEUGEOT 106Rallye16V フルレストア車」の経験を活かし、この2台の中古車に一部の作業内容を反映してみることにしました。


内装のヤレ具合は年式・走行相応。 シートの張り替えもお任せください。

コンセプトは「これから5-10年、気持ちよく乗れる106S16」。現状に多少、手を入れてメンテを行ったとしても、近い将来に大規模なメンテは必須となるのなら、早いうちに手を入れられるところは手を入れ、車両寿命を底上げするというものです。

現状でもそこそこ手が入っているエンジンルーム。 色褪せは避けられない。

先の「フルレストア車」の水準には達しませんが、補機類・駆動系・足回り等のメカニカルパーツの大幅刷新、これらの交換作業を前提としてエンジン・補機類を降ろした状態でのボディ補強・オールペイントを実施、内装もリペアしていきます。

補強を終えたのPEUGEOT 106Rallye16v。(先のフルレストア車) 補強を終えたのPEUGEOT 106Rallye16v。(先のフルレストア車)

最終的には150-200万円程度で販売できればと考えています。「106S16」は現在もメンテに40-50万円掛ける方が大勢いらっしゃいます。使用するパーツ代やペイント代を考えると、かなりリーズナブルだと思います。

塗装終了後のPEUGEOT 106Rallye16v。(先のフルレストア車)

もちろん、追加作業も承ります。大規模なパーツ換装が前提ですので工賃もそこそこ圧縮できるでしょう。先行車は近日中にバラし始めますので、興味のある方はお早めにご相談ください。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。