スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【106S16強化再生計画】 -補機類編-

佳境を迎えている「106S16再生計画」、ついにエンジンに火が入りました。

組みあがった106Rallye16Vのエンジン。

さすがに、ここまでバラしての再組み立てということもあり、多少、難航するかと思いましたが、思いのほかあっさりとエンジンを再始動することができました。


今回は組み立て途上の画像も含め、補機類関係を中心に見てみます。もちろん、すべて新品部品を使用しています。

オルタネーターとエアコンコンプレッサー スターターモーター他と配線
・オルタネーターとエアコンコンプレッサーにスターターモーター。10万kmに達しない場合でも交換しておきたいパーツです。

エアコンライン エアコンライン
・エアコンライン。こちらもガス漏れが出始める前に何とかしたいところ。

ラジエーター クーリングファン
・ラジエーターとクーリングファン、クーリングライン。ラジエーターの目詰まりや潰れを一新、オーバーヒートによるダメージを受ける前に。

マスターシリンダー フューエルタンク
・マスターシリンダー。液漏れやサビが出ている個体も多い部分です。
・フューエルラインは給油口から燃料タンク、ポンプもすべて刷新。

ワイパーユニット フォグランプユニット
・補機類として直接的な関係はありませんが、ワイパーユニットも交換しています。
・フォグランプもユニット交換。

この他、
・もちろん、バッテリーも新調。今回は施工していませんが、アーシングも効果的です。
・イグニッションコイルもユニット交換。
・インダクションキットは定番のPEUGEOT SPORTタイプを使用。

これらにより、最初の写真のような新車と見まごうエンジンルームが完成しました。これらの補機類交換作業は作業効率や工賃の圧縮などを考慮したブロックに分け、メニュー化を進めています。

細かい作業内容は個体毎にかなり異なったものになるので、複数作業に及ぶ場合は都度、工賃を設定していきます。そろそろ「エンジン・補機類関係」という方はご相談ください。

なお、今回の「106S16強化再生」を実施して、改めてわかったことですが、「106S16」の純正部品で日本で通常に確保できるのは今回の作業で使用したものの約半分。

残りの大半は欧州から輸入、一部部品はOEM品やチューニングパーツを使っています。部品確保のルートがなければここまでの作業は実現できなかったでしょう。

今後も国内での純正部品の欠品は増えるだけですので、このあたりの部品供給のルート確保は進めていきたいと思います。


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。