スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デモカー、PEUGEOT 208GTi(正規輸入車)納車されました。

名車「205GTi」の再来との呼び声の高い最新モデル、YM WORKSの次期デモカー「PEUGEOT 208GTi」が納車されました。以前、お伝えしたように今回はお付き合いのあるディーラー様から購入したビアンカホワイトの「正規輸入車」です。

納車されたPEUGEOT 208GTi。納車直前のCITRIEN C1と。

ちょうど納車直前の「CITROEN C1 VTR+」と並べてみました。

PEUGEOT 208GTi。クルマとしての仕上がりは205、206世代とは隔世の感が。 シートの仕上がりはまずまず。PEUGEOT 208GTi。

まだ、ほとんど乗っていませんが、走行性能はきっと「CITROEN DS3 Racing」並でしょう。ディティールにもこだわりがあり、これで初期の205GTiや206RCとほぼ同じ「299万円」ということを考えると、走行性能はもとより、工業製品としてコストダウンとクオリティのアップを両立させている、最近の自動車の進歩のすごさを改めて感じます。

納車されたPEUGEOT 208GTi。

これから、輸入パーツのフィッティング、エクステリアパーツの開発ベースとして活躍してもらう予定です。エアロパーツは好評を博した「YM SPORT RCZ」に類するものを中心に開発を進める予定です。実車を見た感じでは、少し大きめの存在感のあるフェンダーアーチも似合いそうと考えています。ご期待ください。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。