スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EUROPE FORDのレアモデルもご相談ください

震災復旧活動も徐々に始まっているようですし、自粛ばかりでは何の活性化も望めませんので、弊社としても、お客様のリクエストにお応えできるサービスや情報、話題のご提供を再開していきたいと思います。

先日、ワイエムワークスに、とあるお客様からお問い合わせのメールをいただきました。「気になっているクルマがあるのですが、このようなモデルを日本へ入れることはできませんか?」というご相談です。

そのモデルとは「FORD Racing Puma」。ヨーロッパフォードで生産されていたスモールクーペの「Puma」(プーマ)をベースに500台のみ製造された限定レアモデルです。

FORD Racing Puma


FORD Racing PumaFORD Racing Puma

「Puma」は海外ラリーにも参戦していたので、ブリスターフェンダーと低く構えたKitCarの姿を記憶に留める方も居られるでしょう。近いもので例えるとSUBARUインプレッサ22Bのようにコンペティションカーの姿を与えたメーカー製レプリカという存在です。

車両は1999~2000年頃にかけ1台ずつハンドメイドで組み立てられ、エンジンは1679cc ZETECの150PSを搭載、タイヤサイズも215/40/R17でワイドトレッドボディーに見合ったサイズを装着しています。ブレーキにはALCON製4ポットキャリパーを奢り、ローターも295mmが備わります。

FORD Racing Puma

製造された時期が10年ほど前のため、中古車のみの取扱いとなりますが、現地の良好なコンディションの個体を対象に、輸入のご要望にお応えする姿勢でおります。

そのほかに注目株として、先代Fiesta STの限定車「ST500」にも着眼。

fiestast5001.jpgfiestast5002.jpgfiestast5003.jpg

こちらも500台の限定生産ですが、先代Fiestaのモデル末期の生産のため、日本仕様のFiesta ST150と比べても2008-2009頃の比較的新しいモデルです。

特徴としては、Fiesta STの軽快さをより強調するスポーツサスペンションを備え、内装および外装を黒基調で統一。レザー仕様のシートとカーボンプリントのインストルメントパネル、ブラックホイールの奥に見えるレッドペイントのキャリパー、専用ホイールとエンブレムがポイントです。

fiestast5004.jpg

ちょっと渋いFiestaをお探しの方にはオススメのモデルです。こちらの輸入もご相談に乗ります。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。