スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FORD Fiesta チューニング進行中!

ワイエムワークスでは、FORD車へチューニングとしてPUMA SPEED製品の販売・組付を取り扱っています。

今回、入庫した車両は「FORD Fiesta(フィエスタ)ST150」。最近では珍しくなった5ナンバークラスコンパクトボディに、150PSの2L NAエンジンを搭載するホットモデル。

現在、NAならではのフィーリングでモアパワーを得るべくPUMA SPEEDの190PSキットを組付け中です。

整備中のカバーに覆われていますが、実はFiesta ST150です。

気になるキット内容は、エキゾーストシステム(エキマニ、スポーツキャタライザー、センターパイプ、エンドマフラー)による排気系の抜けを確保した上で、ダイレクトタイプのエアインダクションでフレッシュエアの増量を図ります。エンジン本体にはハイリフトのカムを組み込み、カムプロフィールに合わせたECUチューンで燃料調整を最適化します。自然吸気モデルのチューニングには全体のバランスが欠かせないところです。

分解中のM/Tミッション クラッチがむき出しです。(右手の配管は等長エキゾーストマニホールド)

また、190PSキットには含まれていませんが、今回のモディファイ内容ではLSD(リミテッドスリップデフ)も組み込みます。

メンテナンスコストが優しく扱いやすいトルセンタイプで、FOCUS RS MK2にも搭載されている物と同構造ですので信頼性の面で安心です。

「LSDといえばプレートタイプ」をモータースポーツに精通された方はご支持をされるかと思います。ただ、油脂類の頻繁な交換、オーバーホールなどで費用がかさむ等の点を踏まえ、弊社としてはトルセンタイプを推薦いたしております。

排気系後部(エンドサイレンサー・センターパイプ) 排気系前部(等長エキゾーストマニホールド・スポーツキャタライザー)

昨今自然吸気でホットハッチという存在が杞憂になりつつある中の希少なモデル「Fiesta ST150」をよりスパイシーにするチューニングは如何でしょうか。

関連記事

タグ:   YMWORKS  ワイエムワークス  FORD  フォード  Fiesta  フィエスタ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。