スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PEUGEOT 207 Super2000 ワイドボディキット装着車、近日完成。

PEUGEOT 207GTIベースで製作中の「207 Super2000 ワイドボディキット装着車」。難問続きながら主要外装パーツの組付けが進んでいます。フロントバンパー部はフェンダー部とのチリ合わせもほぼ終了し、インナーフェンダーの組込み待ち。

PEUGEOT 207 Super2000 Body Kit

続きを読む

スポンサーサイト

【気になるクルマ】 プジョー 108 / PEUGEOT 108

来月のジュネーブショーに向けて各社から次々とニューモデルが発表されています。PEUGEOT(プジョー)のエントリーモデル「107」も後継の「108」が発表になりました。一新された外観は、現行のPEUGEOT上位モデルと同様のフロントフェイスが与えられ、全体としての高級感は大幅にアップしたように見えます。

PEUGEOT 108 5Dr

これまでの「107」が少しポップな路線であったのでと比べると、大きく方向性を変えてきました。プチプレミアム路線といえそうです。インテリアの画像はまだありませんが、公開された写真から散見する限りではインテリアも相応に質感がアップしているようです。

続きを読む

PEUGEOT RCZ GT THP200 6MT RHD / C1 VTR+、到着。

先週末、神戸港に「PEUGEOT RCZ GT THP200 6MT RHD」と「CITROEN C1 VTR+」を引き取りに行ってきました。

PEUGEOT RCZ GT THP200 6MT RHD

この日は関西圏も久しぶりの積雪。輸送もいつも以上に注意を払います。無事、2台共入庫となりました。

続きを読む

【気になるクルマ】ボクスホール(オペル) アストラ VXR エクストリーム / VAUXHALL (OPEL) Astra VXR Extreme

YM WORKS オススメのホットハッチ、「VAUXHALL (OPEL) Astra VXR / ボクスホール アストラ VXR」のハイパフォーマンスバージョン、「Astra VXR Extreme / アストラ VXR エクストリーム」が3月のジュネーブショーでデビューするようです。

OPEL/VAUXHALL Astra VXR Extreme

今のところ1枚の写真と概要が公開されたのみ。しかし、その1枚の写真からもタダモノではない雰囲気がお分かりいただけると思います。海外の自動車情報誌では結構取り上げられていますが・・・残念なことに、日本でのアナウンスはいつもの「AUTOCAR Japan」ぐらい。

続きを読む

Ford Fiesta 1.0L EcoBoost が大幅にパワーアップ!137BHP/238Nm!

先日、UKの老舗ECUチューナー、superchips社より新製品のリリース情報が届きました。内容は「Ford EcoBoost 1.0L 100ps版のECUアップグレード」のアナウンスです。

Ford Fiesta EcoBoost 1.0L Engine

1.0L EcoBoostエンジンには125psと100psの2バージョンがあり、ハイパワー指向の125psエンジンは対応製品が出ていましたが、より実用版の100psエンジンには未対応でした。この100psエンジンを搭載するFiesta日本仕様発売もあって非常に都合のよいタイミングです。

続きを読む

Tipo RCZ/208/Ibiza 取材記事掲載号、発売中!

ティーポ掲載関連ニュース

先日、取材状況をお伝えした、RCZとMUSKETIER 208 EnGarde、SEAT Ibiza SC Cupraの記事が掲載されている「Tipo(ティーポ)」2014年3月号が発売中です。

Tipo 2014/3号 297

「Tipo(ティーポ)」2014年3月号は通販・全国書店・コンビニにてお求めいただけます。ぜひ、お買い求めの上、ご覧ください。

Amazon通販サイト

Ford Racing Puma / フォード レーシングプーマ、レストア作業続報。

Ford Racing Puma(フォード レーシングプーマ)のレストア作業の続報です。

Ford Racing Puma 塗装作業中

まず、エンジン、補機類を降ろしての下地処理・補修と再塗装。右下の黒いパーツはサブフレームです。エンジンルームだけを見れば、先の「106Rallye16Vフルレストア車」のようです。

続きを読む

【中古車】Volkswagen Lupo の低走行・高コンディション車、入庫。

Volkewagen(フォルクスワーゲン)のエントリーモデル、Lupo(ルポ)の低走行・高コンディション中古車が入庫しました。軽自動車を少し大きくしたサイズのボディに1.4Lのオールアルミ製エンジンを搭載、当時としては安全装備も充実しており日常のアシにオススメの一台です。

Volkswagen Lupo

現車は上級版コンフォートパッケージのリフレックスシルバー。内外装ともにまずまずの状態を保っています。走行距離は現在24,000km弱、車検は2015年6月まであります。

Volkswagen Lupo の詳細はこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。