スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

106S16強化再生計画 -駆動系-

106強化再生計画。今回はパワーを路面へ伝える、ギアボックスのOHとLSD組込による強化です。

LSD(トルセンタイプ)

エンジンと共に下された106S16のギアボックス。まずはエンジンとギアボックスの切り離しから始まります。

車両から降ろされたエンジン・M/T本体

M/Tオイルを抜き取った状態からケースを分解。内部の構成パーツを確認できる状態にします。パーツに破損や金属片等がないか確認しながら洗油で全て洗浄。ギアボックスのケースや内部の状態も確認し、欠損やヒビがない限りそのまま組み付け工程へ。新たなシール・パッキン類を用いて組み付け工程に入ります。

ギアボックスベース側への部品の組み付け工程ボックス内部でギアチェンジを司るシフトフォーク

ギアボックスへの強化メニューは、コーナリング時の内輪・外輪の差分を吸収し、駆動力の低下を抑えるLSD(リミテッドスリップデフ)を投入しました。

LSDの構造形式はメンテナンス性でも費用的にやさしい点を踏まえた上でトルセンタイプを今回も採用。「FORD Fiesta チューニング進行中!」でもご紹介しております。

今回の強化部品「トルセンタイプLSD」と溶接されたファイナルギアインプット・アウトプット・カウンターシャフトを組み付けられたギアボックス内部

組付けは、LSDを取り付けるにあたってファイナルギアを溶接する、強度面でも信頼のおける工法を採用しています。

これで、コーナリングの立ち上がり時に、ノーマルではスリップロスになりがちな内輪側にもトラクションが掛かるようになります。

ドライブシャフトは好評発売中の「強化タイプ」を使用予定です。

YM SPORT 106S16トルセンタイプLSD

YM SPORT 106S16トルセンタイプLSD(リミテッドスリップデフ) 価格:¥186,900(税込・工賃別途)

YMでの参考取付工賃:¥171,100(税込・OHなし)、¥210,997(税込・OH込)

※取付作業はLSD本体の組付け・ファイナルギア溶接及びギアボックスの車両脱着です。
※取付に伴うベアリング、シール、パッキン・油脂類等の交換部品も含まれています。
※ギアオイルはA.S.H 75W-90 2.0Lを使用。
※ファイナルギアは組付け車両のものを使用。

関連個所のオーバーホール含めご相談を承ります。


スポンサーサイト

タグ: PEUGEOT  プジョー  106S16  YMWORKS  ワイエムワークス 

MUSKETIER DS3 Tiburon 完成しました。

動画・音声付記事

先日のお預かりしたDS3がMUSKETIERコンプリート「Tiburon/ティビュロン」として完成しましたのでご紹介いたします。

MUSKETIER DS3 Tiburon

まずはイメージチェンジの要ともいえるフロント周りから。フロントリップスポイラーは中央部を広く開口した立体的なデザインで、ローダウンフォルムを際立たせるとともにボトムラインも引き締まり、より精悍なイメージになりました。

MUSKETIER DS3 Tiburon フロント拡大

サイド部には、オーバーフェンダーやサイドスカートが備わり、フロントリップスポイラーからリアバンパーのスカートまで一連性のある綺麗なラインで構成されます。サイドスカート後端にはささやかな演出として「Tiburon」専用エンブレムが付属します。

MUSKETIER DS3 TiburonMUSKETIER DS3 Tiburon フロントホイールMUSKETIER DS3 Tiburon リアホイール

ホイールはクロススポークタイプのMUSKETIER「Black Line S」。インチアップサイズの18インチで、タイヤはPirelli P-ZERO Neroの215/40R18をチョイス。堅牢な印象のディッシュタイプ標準装備17インチホイールから開放的なクロススポークへ変更することで幾分軽やかなイメージに。

最近のトレンドであるブラックxポリッシュのカラーは純正オプションでも多く採用されており、ブラックとクロムメッキの多いDS3にマッチしています。ディープリム風のデザインもチューナーズブランドのコンプリートカーの演出としてはアリだと思います。

MUSKETIER DS3 Tiburon

Tiburonに含まれるキットメニューの中で一際インパクトが大きいと思われるマフラー。ビジュアル面でよりインパクトのあるセンター出しを採用し、垂直フィンの立ったディフューザータイプのスカートも設定(バックソナー対応)されています。DS3のキャラクターイメージを色濃くなぞったものといえるでしょう。

MUSKETIER DS3 Tiburon サイレンサー拡大MUSKETIER DS3 サイレンサー eマーク

サウンドは引き締まり感のある低中音よりの排気音で音量は93db。MUSKETIER製マフラー全般にいえますがノーマル+α程度の音量アップに抑えられています。今回装着のエンドフィニッシュは114x86mmオーバルのツイン。その他101mmツインも選択可能です。

サンプルとしては微妙なところですが・・・換装後の排気音はこんな感じです。
アクセリング(MP3 237KB 15秒) / 軽く流す(MP3 159KB 10秒)

なお、装着したマフラーにも「Eマーク取得済、車検対応。RCZ用左右4本出しマフラー、リリース開始!」でご紹介した車検対応のEマーク(今回はeマーク)プレートが貼付されており、証明書も付属します。

MUSKETIER DS3 ローダウンスプリングMUSKETIER DS3 ローダウンスプリング取付

そしてロー&ワイド感を強調し全体のスタイリングをまとめるローダウンスプリング。

フェンダークリアランスを抑えたスタイリングを維持しながらも、比較的コンフォートな特性を持っており、DS3の定評のある乗り味をスポイルしていないと思います。

つい先日、YouTubeのMUSKETIER専用チャンネルにDS3 Tiburonのイメージ映像が追加されましたので、取り込んでおきます。専用サイトも用意されたようです。



TiburonをはじめとするMUSKETIERのDS3用アイテムをウェブショップにてご案内しています。

Tiburonは各セクションパーツでの販売もいたしております。その他ホイールなどのご相談も承ります。

オススメの軽量パーツ

足回りもエンジンも回転部分には重量物をなるべく付けたくないものです。そこでドレスアップ派、スポーツ派それぞれの方にオススメの軽量パーツもお取扱しています。

YM SPORT プジョー用 軽量ホイールスペーサー

まずは「軽量ホイールスペーサー」。ホイールのオフセット調整に欠かせないスペーサーに軽量な肉ぬきタイプが登場。

弊社従来品より約40%軽量で11mmと15mmの2サイズ、206/307/207/C2/C3/C4など4穴ホイールの車両に使えます。従来品も人気アイテムでしたが、さらに魅力的なアイテムになりました。

RCZ/407/607/C5III等向けの5穴ホイール用も現在、製作中で近日中にご案内できると思います。

※車種とホイールのマッチングによりフェンダー内に収まらない場合もあります。ご購入前にお問合わせ下さい。
※ロングボルトも純正のフラットボルト、社外ホイールに多いテーパーボルトなど対応する形状の物をご用意しています。

YM SPORT プジョー用 軽量ホイールスペーサー PCD108 4H

・11mm 単品2枚セット ¥25,200(税込)
・11mm 対応ボルト8本付き 2枚セット ¥32,025(税込)
・15mm 単品2枚セット ¥29,400(税込)
・15mm 対応ボルト8本付き 2枚セット ¥35,175(税込)


次にご紹介するのは「アルミ製軽量クランクシャフトプーリー」です。

YM SPORT アルミ製軽量プーリー

クランクシャフトプーリーはオルタネーターなど補器類を動かすために欠かせないパーツですが、エンジンに繋がっている回転部品ですので、軽量化によりエンジン側の負荷を減らすことが出来ます。

また、純正に比べ軽量化はもちろんですが、緩衝用にはめ込まれたゴムが無いアルミ一体成型のため、劣化によるズレ等の不具合も抑えられます。

YM SPORT アルミ製軽量クランクシャフトプーリー¥25,200(税込)

対応車種:206RC後期/S16後期
※2.0L初期モデル、1.6Lモデルへは不適合でした。

今回紹介のアイテムは少数では有りますが入荷していますので、是非一度ご検討ください。

タグ: PEUGEOT  プジョー  ワイエムワークス  YMワークス  YMWORKS 

106S16強化再生計画 -塗装編-

106強化再生計画は、ボディー各所への補強も終え、「塗装工程」へと入りました。新車同様の光沢を取りもどす重要なお色直しの作業です。車両からのパーツ分離やエンジン切り離しなどはYM WORKSで行っていましたが、設備等の関係上ここから先の塗装作業は提携工場での委託作業となります。

106bodypaint1.jpg

ペイントを進めていただく工場は、日頃よりYM WORKSで組付けるエアロパーツの塗装や車両修理の際の依頼先です。ここは「ポルシェジャパンの指定修理工場」にもなっています。聞くところによると輸入元の指定工場は日本全国でも2件(西日本では唯一)しかないとのこと。

106bodypaint4.jpg106bodypaint2.jpg106bodypaint3.jpg

世界的なスポーツカーの修復にあたる技術水準で塗装作業が進行、質感や耐久性の面でも新車に極めて近いレベルでの仕上がりとなります。
※今回は室内を再塗装する関係で専用焼付塗装ブースでの作業は見送りました。

106bodypaint5.jpg

そして、いくつかの工程を経てYM WORKSのピットへ戻ってきました。すぐに完成状態を確認。

106bodypaint6.jpg106bodypaint8.jpg106bodypaint7.jpg106bodypaint9.jpg

オーダー通り外鈑部の塗装はもちろんの事シャシー下まで徹底に塗装を施していただいたボディーは想像以上の純白でスタッフ一同驚き。当然のことながらネイルタッチすらないドアノブ周りや黒ずむ窓枠付近も白以外のくすみがありません。

106bodypaint10.jpg106bodypaint11.jpg

艶や映り込みも鏡のようで、昨年秋に登録したデモカーのRCZ(もちろんコーティング済み)と並んでも十分張り合える美しさです。

106bodypaint12.jpg

これからオーバーホール&チューニングしたエンジンを搭載し、外した個所の部品を組付け、再生への道を進めてまいります。

タグ: PEUGEOT  プジョー  106S16  ワイエムワークス  YMワークス  YMWORKS 

106S16強化再生計画-ボディー補強編-

106強化再生計画に急遽、追加メニューとして盛り込みました「ボディー補強」。全塗装スタンバイ状態まで部品を外した状態から溶接による強化を進めていきます。

スポット溶接、実施中。

まずは、モノコックボディーを用いるレーシングカーでは定番の「スポット増し」を実施。窓枠などの外板と内板が接合される開口部を2倍の接合面に増強しました。ラリージャパン参戦車両である206XS、206RCにも同様に実施しています。

一つづつ、地道な作業が続く・・・。

モータースポーツ前提ですと安全確保と強度増加を兼ねるロールケージという選択もありますが、今回はあくまでもロードカーとしての完成を目指していますので「スポット増し」を選択。重量を増やさずボディを補強するにはうってつけの手法です。

ドアや窓の開口部のほぼすべてにわたって施工。

そして「スポット増し」に加え、こだわりのポイントとして足回り周辺へのリブ補強を追加しました。ストラットタワー側面への構造追加、ロアアームからの衝撃が伝わる付け根付近にリアホーシング受け側のフレームを追加。

フロントセクションの強化。

多少、強引なところはありますが、コの字からロの字の断面構造にすることでより歪みの無い動きになり、精度の高いハンドリングに寄与するものと狙って施工してみました。

また、ノーマル状態でもボルト止めで付いている補強バーを、パイプ系変更と新規パーツ溶接止めで刷新しています。リアセクションも溶接によるいくつかの補強を施しました。

フロント補強の概観。リアサス取付部周辺。フロアの補強バーも全面にわたって溶接。

この後全塗装へと塗装工場へ入庫いたします。
その間は、取り外した部品周りの強化メンテナンスを進めてまいります。


タグ: PEUGEOT  プジョー  106S16  ワイエムワークス  YMワークス  YMWORKS 

遠方のお客様のDS3をお預かりしました。

YM WORKSは南大阪にある関係で多くは近畿圏のお客様にご利用ご来店いただいておりますが、今回はシトロエンのプレミアムコンパクト「DS3」にモディファイを施すため、遠方のオーナー様からフェリーの無人回送で車両をお預かりいたしました。

cus-ds3-arrive.jpg

海を越えてお預かりした「DS3」への施工内容は、MUSKETIERムスケティアの新作「Tiburon/ティビュロン」のコンプリートカー製作です。「DS3 Racing」と似た方向性ですが、微妙に異なるディティール等、完成後の姿はまた改めてご紹介したいと思います。

その他の修理・整備・モディファイのご依頼もこのように遠方・近郊に限らず対応させていただいております。

施工内容によっては輸送コストを一部吸収負担をさせていただいたり、直接、納車させていただくなども検討いたしますので、遠方の方もお気軽にご相談ください。


タグ: シトロエン  CITROEN  MUSKETIER  ムスケティア  ワイエムワークス  YMワークス  YMWORKS 

106S16強化再生計画 -解体編-

徹底的なレストアを目指す106強化再生計画。車両本体そのもののボディーは新車時と同等の外観を得られるまで仕上げる、ことを目標の一つとしており、そのための下準備に掛りました。

強化計画開始前の106

まずは内燃機を下したエンジンルームから、冷却・油脂ホースやブレーキ関連の部品を取り外します。バルクヘッドの遮音材も外してしまいます。

106bunkai1.jpg106bunkai2.jpg106bunkai3.jpg

内装も作業スペースの確保を含め、前後席から取り外し。車両に張り巡らされた配線類を傷つけることの無いよう束ねながら慎重に内貼りやダッシュボードを車外に置いてゆきます。併せてブロアファンなどの機能パーツも外していきます。

106bunkai4.jpg106bunkai5.jpg106bunkai6.jpg

106S16標準のオーバーフェンダーやリアスポイラーなど外装類も車体から取り外し、ワイパーやエンブレム類も完全に取り外します。進めるにつれ、取り外した部品類は車両一台分のスペースを埋めるほどに。プジョーの最小モデルを担った106でもこれだけの体積があるのかと驚きです。

106bunkai7.jpg106bunkai8.jpg106bunkai9.jpg106bunkai13.jpg106bunkai14.jpg106bunkai10.jpg106bunka11.jpg106bunkai12.jpg106bunkai15.jpg

内外装を完全に取り終えると自動車ならぬ"手"動車状態に。移動に必要なステアリング類を仮組みし軽々と押せる状態にまで準備が進行しました。

106bunkai16.jpg

その後は現車を見ながらパーツリストを広げ、必要となる交換部品のリストアップとの照合確認。机上ではある程度のピックアップを行っていても、より念入りな情報収集は外せないところです。

106bunkai17.jpg

106強化再生計画の立ち上げ時には入れていませんでしたが、徹底的に部品を取り外したホワイトボディー状態が用意できた事もあり、リペア工程に入る前にボディー補強を模索中。ボディー鋼板・フレームの随所を眺めながら、どのようにテコ入れするかを決めていきます。

タグ: PEUGEOT  プジョー  106S16  ワイエムワークス  YMワークス  YMWORKS 

ムスケティア プジョーRCZ用ローダウンスプリング取扱中

ネコ科を感じさせるフェンダーラインや、低く構えた独創的スタイルが特徴のRCZ。そんなRCZも、プジョー車全般の特徴であるストロークを多めに確保したフェンダークリアランスは控えめながらも健在で、やはり少し落とし気味にしたいところでしょう。

musrcz3001.jpg

お手軽なローダウンと言えば、プジョーのモディファイチューナー「MUSKETIER/ムスケティア」からリリースの定番アイテム、ローダウンスプリングがオススメ。

下げ幅は約20mmダウンで、乗り心地もローダウンスプリングで懸念されがちな堅さも控えめでノーマルにかなり近い感覚。低くなる分段差等へのアプローチは若干意識する必要はありますが、ある程度の実用性は保ちつつ、スタイリング面でも満足していただけるかと思います。

musrcz3001_1a.jpgmusrcz3001front.jpgmusrcz3001rear.jpg

スプリングのみの交換なのでノーマルショックも生かしたまま車高を落とすことで、リーズナブルにスタイルの刷新をはかれます。

RCZ3001 MUSKETIER プジョーRCZ ローダウンスプリングキット/20mmDown

価格:57,750円(税込・工賃別) 当店での工賃39,900円(税込)
※対応は6AT/6MT両モデル。
※車両の個体差によりダウン量が異なる場合があります。

musrcz3001_2.jpg

ショック性能の減退目安(5万キロ以上)を迎えられたという方も、アッパーマウントやショック類の同時交換も承ります。


FORD Fiesta S1600 134ps。UK限定500台のライトウェイトスポーツモデル、近日入荷!

2011 Ford Fiesta S1600 Performance blue

2010年、UK限定650台で発売され、好評を博したFORD Fiesta S1600(MK7)が、2011年もUK限定500台で発売されています。外観はエアロキットに2本のストライプが配されたレーシングフォード車の伝統的なスタイル。2011モデルは付随する「134ps」のネーミングが示すように、エンジンのパワーアップが図られているところがポイントです。

続きを読む

タグ: FORD  Fiesta  S1600  フォード  フィエスタ 

Eマーク取得済、車検対応。RCZ用左右4本出しマフラー、リリース開始!

プジョーRCZの日本国内向けデリバリーも進み、アフターマーケットパーツとして多くお問い合わせいただいているのがマフラー。つい先日フィッティングテストが完了したばかりのアイテムがありますのでご紹介いたします。

rufrczlrtmuf01.jpg

アイテムは、スポーティーテイストのドレスアップを提案するルッファーパフォーマンスよりリリースされたもので、ご要望の高かった左右4本出しマフラー。2010年4月以降に生産された車輌へ定められた加速走行騒音防止性能に合致したE(ラージ・イー)マークを取得※しており、日本での車検にも対応できます。

※下記で案内しています、スラントカットタイプのみ仕様が異なるためEマーク非対応となります。

rufrczlrtmuf02.jpgrufrczlrtmuf03.jpg

テストモデルとして今回取り付けたエンドタイプはカットオフ。この他、ドレスアップマフラーの定番ラウンドエンドタイプやスラントカットタイプもご用意出来ます。車幅のあるRCZのリアスタイルへ左右対称の4本出しエンドスタイルを収めることでより迫力と安定感のあるルックスが演出できます。

ruferperformance_end.jpgrufrczlrtmuf04.jpgrufrczlrtmuf05.jpg

気になる音量は純正が89dbに対し93db。RufferPerformance社の「+5db」ブランドのセオリー通り、絶対的な音量を抑えつつ、迫力とスポーティーさをプラスした排気音となっております。(下の動画をご覧ください)



rufrczlrtmuf06.jpgrufrczlrtmuf07a.jpgrufrczlrtmuf08.jpgrufrczlrtmuf09.jpgrufrczlrtmuf10.jpg


取付も最近の純正マフラーの仕様上、センターパイプの切断と右側エンド部のためのリアエプロン部の切除が必要ですが、その他はほぼボルトオンでの装着が可能です。

Ruffer Performance プジョーRCZ スポーツサイレンサー L/R
価格:207,900円(税込・工賃別) 当店での工賃32,550円(税込)
※156ps/200ps用それぞれ設定在り。
※右側エンド用追加ステー、写真入取付説明図(独語)、TUV/Eマーク証明書付属。
※純正マフラーセンターパイプカット必要。
※右側エンド用にリアエプロン部切除加工必要。
※スラントカットタイプのみEマーク非対応。

昨年2010年にRCZの日本デビュー後、間もなくYM WORKSが開発リリースしたYM SPORT 102mm径サイレンサーL/Rもご用意しておりますが、純正システムへの追加加工という特性上来店のみ対応となっております。

今回のものはパーツとしてのパッケージ商品ですので全国のオーナー様にデリバリーが可能です。もちろん当店への来店装着もお受けいたしております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。