スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MUSKETIER 308HB用ローダウンスプリング

当社定番アイテム、MUSKETIERのローダウンスプリングです。今回は「プジョー308」用。多数のお問い合わせをいただいてお待たせしておりましたが、正式リリースです。装着車両は5DrHBの豪華版「308 Cielo」。

MUSKETIER 308用ローダウンスプリング 308フロント換装前 308リア換装前

まずはノーマル時のホイールハウスのクリアランス。こんな感じです。206よりはかなりマシ、になりましたが、やはり、スキマは気になります。

続きを読む

スポンサーサイト

遊びに来ませんか?4/4(土)にスパ西浦で206RCの走行テストを行います。

4/4(土)にスパ西浦モーターパークSNMP206RCの走行テストを行う予定です。

YM 206RCは、今後のレース活動に向けて、足回り、ブレーキ、ミッション、エンジン等、大規模な改修を行いましたので、いくつかのセッティングを試してみようと思います。

実は、昨年末にハイコンプピストンとCRUXの足回りに換装した際にも、EUROCUPに間に合わなかったので、ココでテストを行いました。

CRUX SUSPENTION KIT YM SP
・これがCRUXのサスペンションキット(YM特別注文品)。

セッティングを煮詰める段階には至っていなかったのですが、この時には島田選手のドライブにより、1分2秒前半のタイムを記録しました。今回は1分を切る?ことを目標にしています。

前回の走行の様子
・前回の走行の様子。

フリー走行に参加してのテスト(午前・午後1回づつを予定、3時過ぎには撤収予定)ですので、特にYM WORKSとしてのイベントというわけではありませんが、テントとお客様のご相談を承るコーナーを設ける予定でおります。

ご都合のつく方は、ぜひ、遊びに来てください。中部地区の方には直接お会いする機会も少ないので、率直なご意見、ご要望ををお聞かせいただけると幸いです。

また、各自エントリーになりますが、比較的、気軽に走行できるサーキットですので、フリー走行に参加されるのもよろしいかと思います。

特別、集合時間や事前待ち合わせ等の決めごとはありませんので、入場料・駐車料金、フリー走行のエントリー、アクセス等につきましては、スパ西浦モーターパーク」のサイトで各自ご確認とお手続きをお願いいたします。

タグ: PEUGEOT  プジョー  206RC  SPA西浦  スパ西浦  モーターパーク  SNMP 

今月のお買い得セット商品(BILSTEINショックキット)

毎月オススメのセット商品をお得なプライスでご提供する、今月のお買得セット商品コーナー、第2弾は「BILSTEINショックキット」。

YM WORKSが独自に展開する黒いBILSTEIN、「Soft Line」。手頃な価格帯のエントリークラスながらBILSTEINの基本構成であるガスダンパーを採用、純正ショックに近い乗り味でご好評をいただいているアイテムです。このショックアブソーバーに同時交換をオススメしているアッパーインシュレーターとベアリングをセットにしました。

今回はご来店可能な方向けの工賃込セットと部品販売のみのセットをご用意しています。

対象車種は106/206/306/406。いずれもそれなりの走行距離に達していると予想され、1回目、ないしは2回目以降のショック交換時期を迎えているモデル。

BILSTEIN Soft Line 106用 BILSTEIN Soft Line 206用
・106用(左)と206用(右)。

BILSTEIN Soft Line 306用 BILSTEIN Soft Line 406用
・306用(左)と406用(右)は3種類でCoupeもOK。年式により付属パーツが異なりますので対応車種をご確認ください。


206登場以前のモデルは純正ショック以外の国内流通量が少なくなっており、選択肢が非常に少ないというのが現状です。今回の商品はBTS/BSSモデルのようなスポーティさはありませんが、キャラクター・価格を含め、フツーに乗られている方の純正ショック交換用としてオススメです。

106/206/306用は在庫しておりますが、406用は受注オーダーになりますのでご了承ください。  

対象期間は2009年3月10から4月30日までです。ご要望により、販売期間を2か月単位にしました。

WEB SHOPからもご予約いただけます。

タグ: PEUGEOT  プジョー  BILSTEIN  ビルシュタイン 

小椋のUKレポート5「SUPERCHIPS」

今日の目的地はBuckinghum(バッキンガム)州にあるSuperchips.LTD。そうスーパーチップス社です。

ここは1994年、306が発表された年より取引を開始しましたのでもう15年のお付き合いになります。その当時は28ピンのチップを換えるだけでパワーが上がるの? みたいな感じてスタートしましたがお客様の声は敏感で、「加速が全然違う」「燃費が向上した」等、当時としてはプジョーのロムチューンが出来るというだけでも珍しい中、皆様より数多くの称賛を頂きました。

スーパーチップス社
スーパーチップス社

最近のスーパーチップス社では時代を反映してか、パワーもさることながら、燃費の向上、環境対応をうたっています。現在日本では、平成17年排気ガス規制が施工、ヨーロッパで言う「Euro4規制」の中、各メーカーはほぼ同じエンジン、同じエミッションコントロールを各国に供給しています。

唯一違うのが燃料。質、オクタン価が先進国と発展途上国では随分と違っています。これを補うために各メーカーでは、基本の馬力/トルクを低い水準に合わせて、トラブルを防ぐ対策を行って出荷しているのが現状です。

さらに、クルマ個体ごとの使用状況、ドライバーの運転スタイルが異なったとしても、エンジンの耐久性を確保してメーカー保証をカバーするため、本来、エンジンが持っているパフォーマンスに対してかなりの安全マージンを設けています。

シャシーダイナモ
・シャシーダイナモ。この日は何も乗っていませんでしたが、GOLFカップ等、様々なレースのサポートをしていますので派手なカラーリングの車も。

スーパーチップス社では永年の経験を活かし、ノーマルのECUデータを解析。そのマージンの範囲内で、削られたパフォーマンスの一部を取り戻し、ロムの書き換えをすることによって、「基本設計+α」のパワー/トルクのアップを生み出しています。

要は日本及び主要ヨーロッパでは高品質のガソリンに恵まれていますので、エンジン本来のパフォーマンスが発揮しやすく、それに合わせたロムチューンということです。

ベリー氏と
・セールスマネージャー MR,ベリーさん。身長がかなり違うように見えますが、この人195cm以上あります。

YMでもプジョー・シトロエンのみならず、お客様のご紹介等により、かなりの車種の欧州車に施工させていただきました。今のところトラブルもほとんどなく、体感の程度の差はありますが、おおむねご好評をいただいています。

プジョー・シトロエン以外の対象車種・お試し価格ににつきましては、小椋までご連絡ください。

最終回は「FIAT 500 SS」と「HONDA CBR125R」 です。

タグ: ECU  SUPERCHIPS  スーパーチップ 

小椋のUKレポート4「CITUNING」

今日は朝早く(7:00)よりUKの中部地方Nottingham(ノッティンガム)州にある「CITUNING(シチューニング)社」へ向かいます。UKの主力モーターウェーM1を利用して片道約3時間の小旅行です。

一人旅ですが、実は今回頼れる味方が同乗???しています。

そう、カーナビのことですが。これ、非常にいい。音声ガイダンスだけでほぼ目的地にいるスグレモノです。地図で探しながら行っていた頃に比べると相当、時間が短縮出来ます。

BOSTONの街 English Breakfast 頼れる相棒
・BOSTONの街。宿泊先の近くで。(左)
・英国の代表的な朝食。イングリッシュブレックファースト。(中)
・これがその頼れる味方。(右)


ヨーロッパの殆どの国を旅行しましたが、個人的にはやはり一番美しいと思うのがUKのカントリーサイド。しばし休憩。

カントリーロード ボグゾールザフィーラ
・そのカントリーサイド。(左)
・今回の足はOPELのUKブランド「Vauxhall Zafira」。(右)

現地時間の11:00頃にCITUNINGに到着。

UKのフランス車チューナーとしては認知度のあるCITUNING社ということで、勝手な想像ですが、ECOSSE社のようなイメージを思い描いていました。が、外観からはチューナーというイメージはほとんどなく、職人工房そのものといった感じでした。

それもそのはずで、チューナーとしての活動もそれなりに行っているのですが、同社の本業というか、主要業務はクラシックレーシングカーのリストアとメンテナンスなのだそうです。

敷地・工場の中にはそうそうたるクルマ達が並んでいました。修理やリストアの必要なパーツはどうするのか尋ねたところ、ほとんどワンオフで製作しているそうです。場合によってはシリンダヘッドやブロックまで作るとか。クラシックカーレースが多いUKではこういうビジネスもあるのです。

そんな中にC2のチューニングカーが1台置かれていました。エンジン関係まで結構いじってあります。

CITUNING社 CITUNING社にて1 CITUNING社にて2
・CITUNING社外観。複数ブランド名を持つので、看板は小さめ。(左)
・同社が手がけたクルマ達。(中)
・オールドフェラーリも。(右)

CITUNING社にて3 CITUNING社にて4 CITUNING社にて5
・リストア中のレーシングマシン。(左)
・ないものはヘッドまでも製作。(中)
C2 JWR仕様のチューニングカー。(右)

その後、Mr.HartさんとのミーティングでCITUNING社のパーツ全般の取り扱いはじめることになりました。ご期待ください。

※同社にはシトロエン向けブランド「CITUNING」の他にプジョー向けの「PEUGEOTEK」、ルノー向けの「PRIMA Racing」があります。統括的な社名は「IN Racing」のようです。


さて、ロンドンへの帰り道、相棒はいるし、SILVERSTONE CIRCUIT / シルバーストーンサーキットへ寄ってみることにしました。この辺は前職の関係で何度か来たことがある場所です。

SILVERSTONE CIRCUIT

そして、1974年初めてF1を見たのもここSILVERSTONEでした。その時の興奮は今でも覚えています。ただ、残念なことに、日本ではF1と言えばタミヤのラジコンすらまだという時代で、東洋人らしき人には会うことはありませんでした。

次回は「SUPERCHIPS社」を訪問します。

タグ: CITROEN  シトロエン  CITUNING  シチューニング  C2 

小椋のUKレポート3「PORSCHE」

さて次はポルシェディーラーです。 何で.....?という方もいらっしゃるかもしれませんが、YM店頭でご案内しているように、今後、力を入れていきたい車種だからです。

実は、小椋は大のPORSCHEフリーク。1970年代に無謀とも思えるPORSCHE本社訪問を敢行し、いつかは扱ってみたいと思っていたブランドなのです。詳細は後々公開する新サイトでお話ししますが、既に数人のお客様にご購入・メンテ・チューニングのお世話をさせていただいています。

PORCHE Dealer PORCHE Dealer 工場 営業担当と
・ロンドン市内の大手PORSCHE CENTER。(左)
・その整備工場。(中)
・営業担当者と。(右)

続きを読む

小椋のUKレポート2「CITROEN」

プジョーディーラーの次はおなじみのシトロエンディーラーへの訪問です。実はお客様からのご要望がありC5及びC6の中古車の商談です。ひらたく言うとディーラーデモカーです。

日本でのデモカー同様、走行は少なめで、事故等の心配(保険の先進国UKでは車体番号による修復歴管理が徹底されています)もなく、新車と比べて比較的安くゲットできます。もちろん補修部品の手配、メンテナンスは当社の得意分野ですので安心してお乗りいただけます。

CITROEN Dispatch CITROEN C1 CITROEN C4
・Dispatch。日本にはないこんな商用車もお買い求めいただけます。(左)
・C1、C4の中古車がずらり。(中/右)

CITROEN C-CRROSSOR CITROEN C2S1600_1 CITROEN C2S1600_2
・C-CROSSOR。当社でアウトランダー/4007 は作りましたが、これももちろん製作できます。(左)
当社でもおなじみのC2Super1600レプリカの中古車がありました。(中・右)

CITUNING C2JWR
・多少、デカールが異なるようですが、CITUNING社の広報写真に載っているこのクルマそのものだそうで同社製他モディファイパーツ満載です。ベースは2005モデルのVTS、走行も2万kmちょっとの極上車。YMでもお求めいただけます。

CITUNING CITROEN C2 RRC(SUPER1600レプリカ)

ベース車:2005 CITROEN C2 VTS 5MT RHD
車両価格:¥2,782,500(税込)
諸費用込乗り出し価格:¥3,114,160(税込)

以下、装備品詳細。

Exterior Modifications
・Maxi Bodyconversion
 Comprises: Front Bumper, RS-R Front Grill, Rear Bumper, Front Wings, Rear Quarter Panels, Front Bumper Undertray, Arch Liners and Alloy Race Fuel Filler Cap and Body Adapter.
WRC Rear Spoiler
・Rally Roof Scoop
・Cup Door Mirrors
・Black Short Roof Aerial
・Koni Adjustable Shock Absorbers
・Cituning Extra Low Spring Set
・Citroën Sport C2 JWRC Decal Set
・Unique Stainless Steel Exhaust with Centre Exit Tailpipe
・7.5” x 18” White WRC Modular Alloy Wheels
・BF Goodrich 225/35-18” Tyres
・Tar-Ox 340mm 10 Pot Front Brake Conversion
・Tar-Ox 330mm Rear Brake Conversion
・Aeroquip Brake Hoses

Interior Modifications
・Cobra Misano Front Seats in Black & Grey with Rear Seats re-trimmed to suit.
・OMP WRC Black Suede Steering Wheel
・Push Button Starter
・Silver 「TT Look」 Air Vent Rings
・Colour Coded Dash Surround

Engine Modifications
・Red Colour Coded Rocker Cover
・CDA Induction Kit with Cituning Installation Kit

興味のある方はぜひ、ご相談ください。


また、対応が遅れていました、プジョー/シトロエンの最新のテスター(ディーラーと同じ物)の導入も決定いたしました。これで207や407等ほとんどの対応がYM自社で可能になります。

タグ: CITROEN  シトロエン  C2  Super1600  スーパー1600  WRC 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。